Azure Dev Tools for Teaching

Azure Dev Tools for Teaching とは

本学の学生および教職員は、 マイクロソフト社の提供する Azure Dev Tools for Teaching を利用できます。
これまで提供されていた Microsoft Imagine Standard および Premium は、Azure Dev Tools for Teaching へ移行しました。

Azure Dev Tools for Teaching は教育や研究目的でのみ利用可能です。
以下のようなプログラムが使用できます。

  • Advanced Threat Analytics
  • Agents for Visual Studio
  • Azure DevOps
  • BizTalk Server
  • Host Integration Server
  • Hyper-V サーバー
  • Machine Learning Server
  • Microsoft Access
  • Microsoft Project
  • Microsoft Visio
  • R Server
  • Remote Tools for Visual Studio
  • SharePoint Server
  • Skype for Business Server
  • SQL Server Developer
  • SQL Server Enterprise
  • SQL Server Mobile Report Publisher
  • SQL Server Standard
  • SQL Server Web
  • System Center
  • Visual Studio Code
  • Visual Studio Community
  • Visual Studio Enterprise
  • Visual Studio for Mac
  • Windows 10
  • Windows Server

(参考)
https://azure.microsoft.com/ja-jp/education/institutions/dev-tools-for-teaching-faq/

Azure Dev Tools for Teaching の利用方法

利用方法は以下を参照してください。

1、事前に、以下のガイドラインをご確認ください。

https://azureforeducation.microsoft.com/ja-jp/institutions/guidelines

2、以下のページより、各自のアカウントを利用してサインインしてください。

https://azureforeducation.microsoft.com/devtools

<学生の場合>
メールアドレスは「大阪大学個人ID@ecs.osaka-u.ac.jp」、
パスワードは全学IT認証へログインする際のパスワードを入力します。

<教職員の場合>
メールアドレスは「大阪大学個人ID@icho2.osaka-u.ac.jp」、
パスワードは全学IT認証へログインする際のパスワードを入力します。

3、以下の手順でソフトウェアをダウンロード可能です。

検索フィールドに「Education」と入力し、Educationを選択します。
Softwareの一覧からダウンロード可能です。