概要

契約内容

大阪大学はマイクロソフト社と教育機関向け総合契約(EES)を締結しています。本学が管理するすべてのPC、及び教職員・学生の所有しているPCについて、金銭的な負担なくマイクロソフトのソフトウェアをインストールすることができる包括的なライセンス契約です。 契約期間中に最新の製品が販売された場合、別途費用を負担することなく最新版を利用することができます。最新版以外のバージョンを利用できるダウングレード権もあります。ただし、OSについては、OSのライセンスを所持していない場合、利用できません。(MacにBootcamp等でWindows OSをインストールすることはできます。)

契約対象者

  • 学部学生、大学院生、専修学校生
  • 常勤教職員、非常勤教職員、嘱託職員

研究生、特別聴講学生などの非正規生は利用できません。 また、本学と直接雇用関係のない非常勤講師、名誉教授、招へい教員、日本学術振興会特別研究員などの方も利用できません。その他、各部局の判断により契約対象者から除かれている方もいますので、「契約対象除外者一覧表」で確認して下さい。

利用範囲

個人で購入したPC(個人所有PC)

契約対象者の個人所有PC1台に限り、Office1製品、OS1製品、セキュリティソフト1製品をインストールできます。契約対象者以外の方が利用することは認められていないため、家族が使用するPCや友達のPCにインストールすることはできません。

大学の経費で購入したPC(大学管理PC)

インストール台数に制限はなく、何台でも複数のソフトウェアをインストールできます。本学がレンタルしたPCも大学管理PCの対象です。

利用できる期間

学生の方

在学中(休学中も含む)のみインストール可能です。インストールしたソフトウェアは、卒業・修了後も利用可能です。ただし、卒業・修了以外の理由(退学等)で本学の学生ではなくなった場合、ソフトウェアの継続利用はできませんので、アンインストールして下さい。なお、卒業後、本学提供のOffice等の新規インストールはできません。(上記の内容については、契約内容の改定により変更となる場合があります。)

※2021年1月以降に卒業・修了する場合は、卒業・修了後に利用できなくなる予定です。

教職員の方

在職中のみインストール可能です。退職後は継続利用できませんので、アンインストールして下さい。